2012年04月01日

お店のコンセプト2

今回は、お店のコンセプトを6W2Hである程度決めた次の段階の話です。

1960年代に考案された、SWOT分析というのをご存知でしょうか?

Strength(強み)

=真似できない商品、システム。ブランド力。人脈。立地。など

Weakness(弱み)

=資金力。資格。特許。ノウハウ。認知度。など

Opportunity(機会)

=メディア紹介。競合店の撤退。観光客の増加。アニメ等町興し

hreat(脅威)

=過疎化。競合店の増加。など

に分けて分類する方法なのですが、自店を客観的に分析し方針を決めるのに使えると思うので紹介します。

まず、事業や組織におけるS・W・O・Tそれぞれの要素を抽出します。

次に、自社環境と外部環境に分けて問題点を分析します。

更に、飲食店における外部環境を顧客環境競合環境に分けて分析します。

顧客がコンセプトに合わなければ、変えていく必要がありますし、 競合が変われば、売り込む強みにも変更がでます。

自社環境についても、強みと弱みのどの分野に注力すべきなのかを分析し、独自性と差別化を図ります。

ただ、このSWOT分析はターゲットや立地、業態が決まっていなければ効果はありませんので、これを行う前にまず6W2Hでのコンセプト作りが重要となります。


posted by 夢たこ at 06:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/261668228

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。