2012年03月31日

店舗の活用

新店の家賃を考える際は見込み売り上げの10%までになるように考えていくことが基本です。

しかし、そこで私が考えるのは10%だと・・いくら位の物件で〜といったことではありません。そもそもの見込み売上げについてです。

見込み売上を大きく見い出せるから、大箱のテナントも借りられるわけですので、最初から見込み売上を決めつけて可能性を狭める必要はないように思います。

店舗は24時間で借りますので、24時間中使えるわけです。

調理レシピの物販スペースを作ってもいいし、デリバリーを行ってもいい。店先でテイクアウトをやってもいいし、料理教室をやっても面白い。他にも、深夜は貸し出してもいいし、看板や店内スペースを広告に利用してもらう手もあります。

余裕があれば、自店のホームページで通販で売ることだって考えられます。

そう考えると、家賃5%だってできるかもしれないし、売上に見合った10%の大箱で勝負することだってできるかもしれません。

とにもかくにも、多くのお店が24時間中の活用ができていない中で、一般にいわれる家賃10%とはどれほどの基準なのだろうと思ってしまいます。

先日業態について投稿しましたが、24時間と考えれば1店舗で2業態というのも可能です。

銀座パノラマ」というお店をご存知でしょうか?

ここはバーなのですが、昼は書道教室と模型販売を行うことで成功しています。

調理師さんが独立する場合はこういったことは考えづらいかもしれませんが、自分の好きな釣具屋でも調理器具販売店でも魚屋でもいいと思います。

同じ日本食にしても、昼は低価格でも原価率のいい蕎麦屋、夜は高単価でしっかりした懐石料理屋。という選択肢もあります。

せっかく店舗を持ったら、それを活用しきれるように柔軟に考えられる姿勢を持ちたいものですね。

posted by 夢たこ at 17:19| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

心理学のマーケティング応用

人の先入観は凄まじい威力があると感じている今日この頃です。

面接の際、第一印象が大事だとよく言われますが、正にその通りかもしれません。

先入観というものは人に非常に影響を与えるものだということは心理学でも取り上げられますが、それをプライミング効果というようです。

例えばマクドナルドには、「ジューシーで美味しい」、けれど「健康にはあまり良くない」というイメージがあると思います。

しかし、まったくマクドナルドとは関係のないバーベキューの雑誌、それを読んだ後にイメージを聞くと「ジューシーで美味しい」と答える比率が高く、

一方、事前に健康問題の雑誌を読んでもらってからイメージを聞くと「健康にはあまり良くない」と答える比率が高くなります。これがプライミング効果です

これは、コース料理なども同じで、料理の一番目の先付。

これを季節のものを綺麗に盛り合わせた前菜に変更する。

たったそれだけで、お客様には始めに出てきたものの「綺麗」というインパクトが強く残り、その次からの料理にも「綺麗そうだ」「美味しそうだ」というようなアプローチを得た状態を印象付けることができます。

心理学のマーケティング応用というのは、莫大なお金を費やして研究されていますが、そこには、たかがBGMであっても馬鹿にできない理由があります。

posted by 夢たこ at 02:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

従業員管理って難しい・・

勤務しているお店が慌しい中で勉強中の夢たこです。

というのも、3月〜4月のこの時期は人事が動きます。

毎年のように、就職のために辞めていくスタッフがいるのは当然と思ってやっていますが、今年はちょっと大変です^^;

幹部の一人が社長ともめて辞表を出し、それに続いた社員らが経営品質ミーティングを放棄。

そんなことになり、4月からはなんといっても人がいない・・。

年中無休のお店なのですが、定休日を設けないとまわらない恐れも出てきました。

今回の件を近くで見ていた私は非常に良い勉強になりましたが、自分がお店を持った時を考えると他人事でないとも感じました!

今回、幹部が辞めたのは「社長の仕事への口出しが気に入らない」のと日頃から溜まっていた「労働時間や休日が取れない」のが問題だったのですが、これを見てください。↓

WS000001

多くの方が、同じような理由を挙げていることがわかります。

こういったものをみると、飲食業というのは基から

○長労働時間

○低賃金

○仕事仲間との関わりが強い

という人がやめる理由が揃っている業界だとつくづく思います。

かといって時間や賃金の問題は、大手には敵いませんし限界もあります。

そんな中で中小店舗が人材を揃えるには、

仕事のやり涯を与える。経験を与える。上の人がすすんで直向きさを見せる。職場の雰囲気に気を使うなど・・・

アメとムチを使い分け、手本を見せて付加価値を与え続けるしかないと思います。

お客様に対しても、従業員に対しても、どれだけ付加価値を見出し与えられるかが経営者の明暗を分けるのかもしれませんね。

posted by 夢たこ at 01:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。